TEL:0572-22-0682

岐阜県多治見市錦町1丁目21

診療時間 (受付は診療時間終了の30分前まで)

AM 09:00 - 12:00 / PM 16:00 - 19:00
休診日:土曜午後・木曜・日曜・祝日

多治見市の前川ファミリークリニック 内科・小児科・消化器内科・循環器内科・糖尿病内科、経鼻胃カメラ、CT

循環器内科

予約について
インフルエンザ予防接種に関して 花粉症について スタッフ募集のお知らせ リンク集
HOME»  循環器内科

高血圧

自覚症状があまり出ないですが、気を付けていれば徴候に気づくことができます。
主な症状は頭痛や耳鳴り、肩こり、しびれなどです
高血圧をほっておくと心筋梗塞や狭心症、心室性不整脈などの疾患に繋がります。
治療は主に生活習慣の改善と薬物療法です。医師と相談しお決めください。

脂質異常症

多くの場合、脂質異常症は症状が出ずに、健康診断等で検査値が良くないと指摘されて気が付くことが多い疾患です。また、症状がないので自覚せず放置してるパターンが多いと思います。
実はこれが怖いところで知らぬ間に動脈硬化が進んでしまうことがあるのです。
脂質異常症と診断された患者様には生活習慣の見直しから指導しますが、それでも完治しない場合は薬物療法を用いります。薬物療法を用いても生活習慣の改善は続けてください。

狭心症 心筋梗塞

狭心症は、冠動脈の血流が悪化し、心臓が一時的に酸欠状態となって起こります。
胸のあたりに圧迫されるような痛みや苦しさを感じたり、人によって、あごやみぞおち、耳のあたりに痛みを感じることもあります。この痛みが数分から十数分程度続きます。
筋梗塞は、冠動脈の血流がほとんど止まってしまい、酸欠から心筋の一部が壊死するほど悪化した状態をいいます。左の胸のあたりを中心に、非常に強い圧迫感や激しい痛みが起こり、人によっては肩や背中、首などに痛みを出てきます。吐き気を伴うことも少なくありません。
症状は30分以上、ときには数時間に及びます。手当てが早いほど治癒する確率も高いので、我慢せずにすぐに病院に行きましょう。
どの冠動脈がどれだけ狭くなってるか確認するために冠動脈造影検査を行います。治療には、薬物治療、カルーテル治療もしくは冠動脈バイパス手術の3つがあり、そのときの症状に合わせ行います。

不整脈

心臓の調律(拍動のリズム)が不規則になった状態を不整脈といいますが、ほとんど自覚症状がありません。
動悸やめまい、息切れ、疲れやすくなるといった症状が出たらすぐ受診してください
不整脈の治療に用いられる抗不整脈薬にはさまざまな種類があり、原因や症状によって分けて使用します。薬を用いらない外科手術やカテーテル治療もあります。
医師と相談しどの治療を行うか話し合いましょう。

心不全

心不全は、心臓の働きが低下することによっておこる症状のひとつです。
心臓の働きが低下することによって動悸や息切れ、呼吸困難、足にむくみがおきます。
治療法は心臓の収縮力を高める強心剤や心臓の負担を軽くする利尿剤、血管拡張剤などを使用します。
患者様は生活習慣を見直していただき、食事の塩分を減らし適度な運動をとりいれるようにしましょう。

弁膜症

心臓にある弁に障害が起き、本来の役割を果たせなくなった状態を弁膜症といい、動悸や息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難などの症状が出ます。
弁膜症は自然治癒しないので強心剤、利尿剤などを使用して症状を緩和する治療や手術、カテーテル治療を行います。

ペースメーカー

ペースメーカーは脈の遅い(除脈性不整脈)患者様を治療する目的で作られた精密医療機器です。
日本でも多くの患者様がペースメーカーの植え込みを受けています。
ペースメーカーは心臓の徐脈性不整脈を監視して治療するよう設計されており、ペースメーカー本体と、心臓の電気信号を感知し電気刺激を伝えるためのリードと呼ばれる電線で構成されています。ペースメーカー本体とリードを接続することで治療が可能となります。
術後、順調に回復すると同年代の方がしてるようなスポーツができるようになります。
患者様によってなので、医師と相談すると良いでしょう。

動脈瘤

動脈瘤は老化、感染、炎症、外傷、先天的な異常などによって拡張された大動脈が膨張、亀裂、破裂、狭窄、解離などの状態になったものをいいます。
大動脈瘤は発生部位により、胸部大動脈瘤・胸腹部大動脈瘤・腹部大動脈瘤に分類されます。
胸部に発症すると膨張した動脈瘤に圧迫されモノを食べるのが困難になったり、声を出してもかすれたりしますが破裂前はあまり症状が出ません。
しかし、破裂すると症状は一変し、ショック状態になりそのまま亡くなってしまう可能性もあります。破裂した時は緊急手術が必要になりますの、現在大動脈瘤、もしくは症状がある患者様は診断を受けて治療をされてください。

血栓症

血栓症とは血の固まりによって血管が閉塞することで生じる病気です。
症状は部位によって異なってきます。
心臓の血管に発症すると発症直後急な胸痛が起こり冷や汗や、吐き気も感じることがあります。心筋梗塞、心不全につながる病気です。
脳に発症した場合、手足が動かしにくくなったり認知機能の低下が起きます。脳梗塞を引き起こす可能性があります。
深部静脈に発症するとで片側の足だけむくみ、できた血栓が血流とともに肺まで到達し肺の血管を閉塞して肺血栓塞栓症を引き起こす可能性があります。
血栓ができた箇所によって治療法は異なりますが、臓器が死んでしまわないうちに早期の診断と治療を行うことが重要です。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は手や足の血管の動脈硬化により、血管が狭くなったり血管が詰まり血液の流れが悪くなり手足に様々な症状が現れる病気です。
主な症状は手足のしびれや冷感、痛み、壊死などが起きます。
この病気の治療法は主に歩くことです。(運動療法)ほかにも薬物を使用した治療やカテーテル治療、外科的療法を行います。

PageTop